スワンのブログ(仮)

働くのが嫌すぎて新卒で入った会社を辞めたニートの日記です。

AviUtlでメモリ不足というエラーメッセージが出る問題

AviUtlで沢山の動画ファイルを編集していると突然固まって、怒涛のエラーメッセージが出てくる問題。

 

[Fatal]:Failed to find and open the audio decoder.

f:id:swannn:20170727085050p:plain

 

メモリが足りません。

f:id:swannn:20170727085052p:plain

 

Failed to flush buffers by a reliable way.

It is recommended you reopen the file.

(ファイルを再度開くことをお勧めします)

f:id:swannn:20170727085057p:plain

 

これがいっぱい出てきて

 

f:id:swannn:20170727085059p:plain

 

 

そしてこれである。

 

f:id:swannn:20170727085109p:plain

 

メモリ不足ってあるけど、タスマネ見てもメモリの使用量には余裕があるし意味がわからなかったけど、解決したからメモを残しておく。

 

ファイル>環境設定>システムの設定で、

「LargeAddressAwareを有効にする」にチェックを入れて、アプリを再起動。

 

f:id:swannn:20170727085655p:plain

これで落ちなくなった。

注意点は、アプリを管理者権限で実行しないと設定に失敗すること。

 

AviUtlは32bitソフトなので、64bitのPC(使ってるPC)で実行したとしても、32bitパソコンで使えるメモリの上限(2GB)しか使えないので直ぐにメモリ不足になるとのこと。これを有効にすることで、最大で4GBまで使えるメモリを増やせるようになるそうだ。

 

これで今まで落ちてたのが落ちなくなった。今後更に凝った動画を作って足りなくなることがあれば別の対策を講じます。

動画のサイズをフルHD(1920x1080)から1280x720に落とすなどでも節約できるらしい。また問題にぶち当たった時に検討します。

 

参考にしたサイト様

[Aviutl] エンコード中に『メモリ不足です』と表示され、エラーで出力が中断されてしまう場合の対処法まとめ | ふかふか交易所

 

AviUtlで「例外"0xc0000005"が発生しました」 エラー:ベルの備忘録的なもの - ブロマガ