スワンの日記(仮)

アクティブニートになりたい

事故って救急車に運ばれた

お久しぶりです。更新が途絶えてしまいました。

前回の更新の翌日、片道50キロのサイクリングに行ってたんだけど、

道中、激しく事故ってしまって顔と唇を縫う怪我をしてしまい、養生していたため更新が途絶えてしまいました。

あれから5日経ったけど、傷の治りは順調で、昨日抜糸もしてきて、普通に飯も何とか食えるようになってきたので今日からまた更新していく心算です。

 

事故の経緯

ひまわり畑までのサイクリングのリベンジで、一人で朝から外出してた。

途中まだ1/5位の距離だったと思う。

山道が連続してて上り下りが多く、上りできつい思いをした分、下りは飛ばしすぎないようにしていたものの、これくらいなら大丈夫かって感じで重力を味方につけて下り坂を滑走していた。30km/hくらいは出てたと思う。

アスファルトが土と枝葉で隠れているような場所で、走っている途中は見えなかったんだけど、確実に何かに躓いたのが分かった。その瞬間、自転車が前傾して体が宙を浮いた。

ヤバイと思った瞬間。顔面からコンクリートに叩きつけた。

鈍い痛みと、ジワーっとくる熱さ。止まらない流血。

慌てて自分スマホで自分の顔を反射させてみたら、上の前歯が1本書けていたのは分かった。

 

f:id:swannn:20170809113504j:plain

 

事故った時は、山道で人通りが少なかったし、別に助けを求める心算もなかったので、自分の携帯で即119番にコールする。

オペレーターと対話を試みるが、口から血が止まらないから上手く声が出せない。

スマホのマップを見ても現在地を伝えるのが難しかったから、自力で下り坂の麓まで歩いて案内標識を確認して場所を告げ、救急車を呼ぶ。

救急車を待っている間に名前とか住所とかを聞かれる。

口が動かなくて喋るのがままならないのにそんなこと後で確認すればいいだろと、焦りもあってかなり苛ついた。

 

待機中は痛かったけど、自転車に鍵をかけたり、速度計を外したりするくらいは冷静だったし、四肢の怪我もないことが分かった。

 

15分位かな。救急車が来て、自力でベッドに寝るように言われる。

救急車の中には20~25分位乗っていた。名前とか住所とかを聞かれたけど財布とだけ伝えて免許証を見てもらった。全身が痛くないかとか記憶がなくなっていないかとかどうでもいいことを聞かれる。

うん大丈夫だから、いま顔面がヤバイんだからそっちを早くなんとかしてくれと念じる。病院に担ぎ込まれてからも骨が折れてないかとかをしつこく聞かれた。もう全身が動かせることは分かってるからまず顔が痛いからなんとかしてくれとずっと考えてた。

点滴を打たれたり、MRIを受けて、その後手足の傷の泥を取ってもらったりで結構顔の対処は後回しにされた感がある。

体が汚れていたので破傷風のおそれがあるということで注射を打たれた。

注射には結構慣れてると自負してたけど、尻に注射を打たれるのは初めてでビビってしまった。痛みは大したことなかったけど。

 

一通り基本手当が終わった後は、車椅子で形成外科に連れられて、顔の縫合手術が行われた。下唇の左側、左頬、鼻の下、顎。小さい針だけど合計30針くらい。

 

以前手の手術をした時も思ったけど、麻酔は凄い。

縫合手術もこしょこしょ触られてるというかなぞられるような感じで痛さを感じなかった。ただ麻酔自体は超痛いけど。唇の内側に結構深くブスーって刺されたのは、怪我してたからまだ痛みが分散されてて耐えられてたけど、そうじゃなかったら普通に痛いだろう。

 

とりあえず顔の処置は終わった後、自力で歩いて歯科外科に行かされた。

頭や顎の骨も折れてていないようだった。 

下の歯の感覚がなかったから葉が何本なくなってるかはずっと気になってたけど何とか無事で、欠損は上の前歯が欠けていただけだった。

 

入院するものと思ってたけど、そのまま返された。骨折とかしてないし入院するほどの怪我ではないと見做されたのだろう。

かかった医療費と薬代が2万円くらいだった。急な出費としては痛いけど、手術をした割には予想より安く済んだと思った。

それからは父親に車で迎えに来てもらって、家に帰り着いた。

 もう何も話したくなかった。こんなことになるとは思わなかった。

 

療養生活

エアコンが効いた部屋でずっと寝てた。

起きてる時はアニメ見たり、本読んだり、実況動画を見たりしてた。

 

口が開かなかったので普通の飯は食えなかったからこういうのを食べてた。

 

f:id:swannn:20170809115234j:plain

 

大人しくして早く治ることだけを考えてたから特に言うことはあまりない。

 

自転車

前のブレーキレバーが曲がってて壊れてたけど、自転車屋に持って行って、ペンチで曲げて貰ってまた乗れるようになった。 

 

f:id:swannn:20170809113819j:plain

 

此処だけしか壊れてないのは運が良かった。工賃も掛からなかったし。 

 

反省点

自転車を舐めていた

まず半袖半ズボンで長距離は愚かだった。

いつもは長ズボンを履いていたものの、今日は長距離乗るから暑いだろうなってふざけた理由だった。事故ることなんて1ミリも考えてない選択だった。

 (足の怪我は結果的には大したことなかったけど)

 

それと、特に長距離移動の時は、ヘルメットと手袋を絶対にしておくべきだと思った。

今回は顔面からダイブしたけど、頭頂部から落下したら死んでたか最悪障害者になってた。ヘルメット買っておこう。

 

あとスピード。

サイクルコンピューター買ってから思ったのが、結構スピード出してる実感ある時でも20キロ前後くらいで、30キロって結構飛ばしてるのが分かる。

クロスバイクはブレーキ強いから急ブレーキをかけるとググッと前に傾くんだけど、

飛ばせるからと行って飛ばすのはヤバイなと思った。ママチャリとは事故り方が違う。

 

北九州に長距離でいく計画をしていたけど、冷静に考えてわざわざ自転車でやることでもないよなと思い直してる。距離が長くなると、坂道や条件の悪い道に行き当たる可能性が増えてくるし、長距離乗ってると、疲労や油断で運転が雑になる。なにより今回でちょっと長距離移動に対して弱気になってる。

やはり当分は長距離移動は控えて、通常の10~20キロ程度の移動に留めておく乗り方にしようと思った。

 

事後処置に関しては、ほぼ即決で救急車を呼べるくらいには冷静だったし、良かったと思う。色々怪我してきた経験もあるけど。

携帯電話やスマホも絶対に携帯しておくべきだと思った。

 

まとめると

  • 転倒を想定した服装
  • 防具(ヘルメット、手袋)は必ず装着する
  • 坂道だからって調子乗らない

書いてみると当たり前すぎて恥ずかしい。でも当たり前の事ができなかった結果事故ってしまった自分を恥じるべきだし、今回の一件を忘れてはいけない。

 

最後に

今回の件の収支

LOST

  • 治療費、通院代
  • 前歯(1/4くらい)
  • 怪我が治るまでの痛さ
  • (歯を接着手術をするなら追加の治療費)

GET

  • 一連の経験
  • 安全に対する意識

 

以前Twitterでも書いたけど、最近自転車に乗っても楽しさや気持ちよさを感じられなくて、ただ疲れるだけだなーって思ってて、正直こうなっても急な事故って感じはしなかった。乗りたくても乗れないけど、暫く自転車での遠出は控えようと思う。

 

病院まで来てくれて警察に俺の代わりに話をしてくれた父親と、色々気を使って買い物してきてくれた母親と、救助して貰った救急隊員、手当をしてくれた病院の方々には感謝をしている。